日頃の努力で感動のステージを演出します。保土ケ谷公会堂

施設申込み方法

申込み方法

受付開始日について

1, 講堂又は講堂と会議室、和室を併用する場合 

  • 使用日の6か月前の日から予約が可能です。
  • 例  7月17日使用の場合→1月17日受付開始

2, 会議室、和室を使用する場合

  • 使用日の3か月前の日から予約が可能です。
  • 例  5月10日使用の場合→2月10日受付開始

● 受付開始日が休館日の場合は、翌日に受付を開始します。


  • 横浜市内に事務所を有しない団体または主として横浜市民で構成されていない団体につきましては、1か月前の日からの受付になります。
  • 受付開始日が月末で暦上存在しない日は翌月1日が受付開始日になります。
  • 例  10月31日使用の場合→10月1日受付開始

使用申請書・許可書のPDF版ダウンロードはこちら 
使用申請書・許可書のWORD版ダウンロードはこちら 

※ご来館時の受付では複写の申請書・許可書をご記入していただいております。ダウンロード版では複写の申請書許可書を発行することができませんので、申請書と許可書をそれぞれご記入の上、同時にお持ちになりお申込みください。

使用申込みについて

  • 受付日
    受付開始日にご利用希望者が複数になった場合は、午前9時に抽選を行います。(抽選に参加できる方は1団体につき1名です) なお、公的な行事などのためにご利用できない場合もありますので、事前に電話または受付にて空き状況をご確認ください。
  • 電話予約
    受付開始日に抽選が行われる場合があるため、電話予約は受付開始日の翌日から先着順にて受付けます。ただし、電話予約後10日以内に正規の申請手続きをしない場合や遅延のご連絡をいただけない場合は、予約が取り消しになる場合がありますので、ご注意願います。
  • 受付時間
    開館日の午前9時から午後9時まで

使用上のお願い(全室共通)

  • 使用時間には、準備から片付けまでの時間も含みます。また、使用後は現状に復帰し、職員の点検を受けてください。また、ごみはお持ち帰りくださいますようお願いします。
  • 横浜市火災予防条例で定員が定められていますので、定員は厳守くださいますようお願いします。

未成年者のご利用

  • 18才未満の方のご利用については、父母などの保護者、学校の教員等成年者の承諾書又は同意書が必要です。

使用許可と使用料

  • 使用許可書……使用を認められた方は、使用料を前納し、「使用許可書」をお受けとりください。 この「使用許可書」は当日必ず持参し、受付窓口へご提示願います。
  • 使用料の返還…既納の使用料は返還できません。ただし、使用日の1ヵ月前までに、使用許可の取消し及び使用料の 返還を申請したときは、 既納の使用料 のうち8割を返還いたします。

使用不許可および使用許可の取消し

次のような場合は、使用の制限または使用の許可を取消すことがありますのでご注意ください

  • 青少年の健全な育成を阻害するおそれのある使用を行なおうとするとき。
  • 火気の使用または臭気、騒音等を発生させる使用を行う場合であって、これに対する対策が十分ではなく、他のご利用者や一般市民に危険が及ぶおそれがあると認められるとき。
  • 指定暴力団等その他団体の構成員が集団的にまたは常習的に暴力的不法行為等を行うことを助長するおそれがある団体、またはその団体の構成員が集団的にまたは常習的に反社会的な行動をとることを助長するおそれのある団体が使用しようとするとき。
  • 当該使用により多くの人数が集まることにより交通の渋滞その他場内外の混乱が発生するおそれがあると認められるとき。
  • 当該使用により建物や附帯設備等を損壊、汚損または滅失するおそれがあると認められるとき。
  • 過去において施設管理上の指示に従わなかったなど施設管理上の指示にしたがわないおそれがあると認められるとき。
  • 定員を超える使用のとき。
  • 葬儀、告別式その他これらに類する行事として施設を使用しようとするとき。
  • 主として物品の販売または宣伝もしくはこれらに類することを目的として使用しようとするとき。
  • 申請書類の記載事項に虚偽が認められるとき。
  • 地震が発生しまたは地震の警戒宣言が発せられたとき。
  • 公会堂または公会堂の近隣において火災があったとき。
  • 風水害により著しい危険が予想されるとき。
  • その他上記に準ずると認められるとき。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional